ナースバンク事業

ナースセンターでは新潟県からの委託により看護職員無料職業紹介(ナースバンク事業)を行っています。
今、保健医療福祉の現場では看護職の人材が不足しております。就業されていないかた、お仕事を探されているかたはぜひナースセンターにご登録ください。また、あなたのお知り合いのかたにもご紹介ください。

1.eナースセンター

「eナースセンター」は、公益社団法人日本看護協会中央ナースセンターが運営する看護職のための無料職業紹介サイトです。全国オンライン化されています。
利用される方は登録が必要となります。ナースセンターに直接お越しいたくか、インターネット(PC・スマートフォン)を用いて登録ができます。

※ナースセンター及び看護協会の名称を使用する有料サイト・業者にご注意ください。※

2.看護師等の届出制度について

看護師等の人材確保の促進に関する法律の改正により、保健師・助産師・看護師・准看護師の免許をもち、病院等の職場を離職した場合などに、都道府県ナースセンターへ氏名や連絡先などを届け出ることが努力義務となりました。(平成27年10月~)

届出をすると…

届けられた情報をもとに、ナースセンターが離職中の看護師等のみなさまとつながりを持ち、それぞれの状況に応じて復職に向けた研修や情報提供、無料の就職相談等の支援をすることで、再び看護職員としてご活躍いただけるよう支援が受けられます。

退職される方へ

  • 看護職員の人材確保のため、復職を希望する方への支援を行う必要があり、「すぐに就業しない」「復職するかどうか未定」「復職しないと思う」という方も届出の対象になりますが、その意思は尊重されます。
  • 現在、免許を保有しながら看護職として就業していない方も届出の対象となります。
  • 「お仕事探し、求人情報閲覧したい!」という方は届出登録の一番下の「ナースセンターが行う無料職業紹介事業(eナースセンター)を希望する」にすると、求人情報が閲覧・応募ができます。

詳しくはPDFを参照ください

インターネットを経由した登録ができる方

インターネット利用環境にない方

登録をお手伝いします。最寄りのナースセンターへご連絡ください。

支所・窓口(339KB)

退職者のいる施設の方へ

届出は、離職者本人だけではなく、病院等の開設者、学校などの設置者は届出が適切に行われるよう支援に努めなければならないとされています。
「支援」では、離職する看護職員に対して届出を促す、施設が看護職員の代わりに一括して行うことも含まれます。免許を生かして他の病院施設等で再び活躍し、ともに地域医療を支える看護職員の確保につなげるため、代行届出にご協力ください。

厚労省:病院等の管理者の皆様へ(893KB)

以下の資料を退職者への届出案内にご利用ください

3.「看護の心」普及事業

看護に対する理解と関心を高めていただくためのPR事業や、看護職を目指す人のための進路相談を行っています。

また、毎年、県内の高校生を対象に「高校生の一日看護師体験」を実施しています。詳しくは高校生一日看護師体験にてご覧ください。

4.看護職員需要施設調査

県内の医療機関に対し、求人に関する採用・勤務条件等を調査し把握しています。

平成30年度 看護職員需要施設実態調査 報告書

5.未就業看護職員実態調査

未就業看護職員とナースバンク登録者を把握し、就業促進に活用しています。

平成30年度 未就業看護職員実態調査 報告書