訪問看護ステーション

可能な限り住み慣れた家や地域で、安心して暮らせるようにお手伝いさせていただきます。いつでも、お気軽にお問い合わせください。

活動理念

利用者の意思および人格を尊重し、常に利用者の立場に立った支援に努める。看護専門職としての自覚を高め、独自機能を活かしたケアを行うことにより、地域医療福祉に貢献する。

業務内容および業務体制

  1. 訪問看護事業(医療保険・介護保険による訪問看護)※24時間緊急時訪問体制あり
  2. 居宅介護支援事業(ケアプラン作成)
  3. 居宅療養管理指導
営業時間 9時~17時
営業日 祝祭日と12/29~1/3を除く、月曜日から金曜日

訪問看護の仕組み

新潟県看護協会の訪問看護ステーションでは、病気や障害を持ち療養しながら生活されているかたのご自宅を訪問して、主治医の指示やサービス事業所との連携により、心身の状態に合わせて適切な看護を行ないます。
訪問スタッフは保健・医療現場での十分な経験・知識・技術を持つ看護師や保健師であり、訪問看護というサービスの提供者としてのプロ意識と熱意にあふれています。

訪問看護を受けるには

下記の流れに沿って訪問看護を受けることができます。

訪問看護サービスの内容

病状の観察や判断 血圧や脈拍、体温など、病状や体調の測定・観察を行います。
各種の介助 看護師による入浴や洗髪、食事、清拭、排泄、移動など、生活の介助を行います。
リハビリテーション 機能回復や維持、関節の拘縮予防、歩行練習などのお手伝いを行います。
医師の指示に基づく医療的処置 医師の指示に基づき、床ずれの防止や手当て、各種カテーテル管理などを行います。
諸機関との調整や連絡 主治医の先生への報告や福祉サービス提供機関との調整を行います。
在宅介護へのアドバイス 介護についてのアドバイスやご相談、機器などのご質問にお答えします。

※休日や夜間の緊急時訪問にも対応いたします(加算が必要です)。

訪問看護の利点

病院の看護師のみなさん、ケアマネージャーさんは、ぜひ「訪問看護」をご活用ください。

  • 「入院中と同じようなケアが必要だが、家族が不安を訴えている」
  • 「入退院を繰り返しているので心配だ」
  • 「状態が悪化している」「処置が必要になった」等々

訪問看護は、高齢者や寝たきり状態などの運動機能障害がある場合だけでなく、どのような年齢の人でも、また退院後に 外来通院できる場合でも、関わることができます。
ご自宅のほかに、グループホームやケアハウスなどで暮らしている方々にも訪問が可能です。ぜひご相談ください。

新潟県看護協会立訪問看護ステーション

各ステーションの詳細は下記よりPDFにてご覧ください。

新潟県訪問看護ステーション協議会

詳しくは、以下の資料をご覧ください。

訪問看護なんでも相談

ナースセンターでは、訪問看護の利用者、在宅療養者及びその家族からの相談及び在宅医療に関する相談を、お電話にて受け付けています。

県民医療安全相談窓口

医療に関する心配や疑問などに看護師が中立的な立場で対応しています。

025-285-5723

受付時間:月曜日~金曜日 (年末年始、祝・祭日は除く)、午前10時~12時、午後1時~3時