会長ご挨拶

会長ご挨拶

公益社団法人 新潟県看護協会会長 斎藤有子

令和4年の新年を迎えて

 新年にあたり謹んでご挨拶申し上げます。
 看護協会の事業推進につきまして、皆様のご理解とご協力により円滑に実施できていますことに感謝申し上げます。
 
 新型コロナウイルス感染症は、新たな変異株であるオミクロン株が広がり、感染者数が拡大するなど、予断を許さない状況にあります。
 一方で、これまで人との交流を控えていたものの、「もう、そろそろ緩和しても大丈夫かな」というムードが徐々にひろがってきているのではと懸念されます。
 マスクの着用、手指消毒、体調管理、換気の徹底など、基本的な感染対策は、引き続き、徹底していかなければなりません。

 また、コロナ禍にある中で、地域の医療体制の再構築の議論が進められているところでありますが、医療再編については、住民の理解を得ることは簡単ではない状況にあります。
保健、福祉の充実もってして、住民の医療と生活を守っていくことの大切さを対話しながら進めていくことが重要であると考えます。
 看護は、人々の健康と生活を地域で支え、健康に関わる新たなニーズに対して役割を発揮していますが、今後もますます、その専門性を発揮することが期待されています。
 看護職の確保も難しい状況ではありますが、看護協会としても、看護の仕事に関心を持ってもらい、職業として選択してもらうための働きかけや、看護の仕事に就いて、県内でしっかり勤め続けていける取組みを進めてまいります。 

 「 看護の力で健康な社会を!」みんなで築いていきましょう。
 令和4年が、平和で明るい年であることを願うとともに、皆様のご健勝とご活躍をお祈りいたします。

 

令和4年1
公益社団法人新潟県看護協会 会長 斎藤 有子