会長ご挨拶

公益社団法人 新潟県看護協会会長 奥村麗子

ようこそ新潟県看護協会ホームページへ

平成29年度通常総会において新潟県看護協会会長に就任いたしました奥村麗子でございます。会員、関係者の皆様には日頃よりご支援、ご協力を賜り心より感謝申し上げます。

急速に進む少子高齢化を見据え、全ての県民が可能な限り住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることが出来るように、新潟県でも平成29年3月新潟県地域医療構想が策定されました。看護を取り巻く状況も病院から在宅へと大きな変革の時代を迎えようとしています。これまでの病院完結型の看護の考え方から、地域でその人らしさを大切にした看護の視点でとらえることが求められています。

高齢者のみならず子どもや子育て世代も含めた全ての世代や社会的弱者にとっても、より良い仕組みにしていく必要があります。新潟県看護協会の使命である「看護の質向上」「働き続けられる環境づくり」「看護領域の開発・展開」を基に、看護職としての役割を積極的に担う立場から、平成29年度の重点目標を以下の4点として事業を展開します。皆様と共に活動を推進して参りたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

  • 地域包括ケアシステムの推進に向け、看護職の役割を発揮する
  • 変化する社会ニーズに対応した質の高い看護を提供できる人材を育成する
  • 看護職が働き続けられる労働環境の整備を推進する
  • 支部の活動を推進し、組織強化を図る

平成29年6月
会長  奥村 麗子