ワーク・ライフ・バランス

医療従事者のWLB推進事業(仕事と生活の調和)

新潟県看護協会は、2010年度から日本看護協会主催の看護職のWLB推進事業に参加し、7年間で18施設を支援してきました。2017年度事業の終了と共に2018年度より「新潟県医療勤務環境改善支援センター」との連携へ移行し新潟県内の参加施設に勤務する全職員(医師、看護職、他医療職及び事務職)に「働き続けられる職場づくり」に向けPDCAマネジメントを導入しながら支援しました。

第2回ワーク・ショップ発表会の様子

期間 平成30年7月~令和2年4月
参加病院 魚沼基幹病院・桑名病院
内容 病院幹部の参加意向確認・病院で推進メンバー決定・インデックス実態調査・スタートアップ研修・支援者による病院訪問・医師会にてワーク・ショップで現状分析・発表会等
感想 ワーク・ショップでアドバイスをもらうたびにパワーを貰えました。
活動に参加したことで、課題や方法が分かり、今後も継続出来ることを確信しています。
取組成果を評価して頂き、自信を持つことが出来ました。

WLB研修会

WLB研修会を開催しました

研修名 クリニカルラダーと連動した賃金体制~専門職としてキャリアを高めやりがいや充実感を持って働き続けるために~
日時 令和元年11月8日(金) 13:00~16:30(受付12:30~)
場所 新潟県看護研修センター 3階大研修室
講師 岡戸 順一 氏(公益社団法人日本看護協会労働政策部看護労働分野担当専門職)

労働環境改善推進委員会の活動

1.「看護職のワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ」終了と今後の計画について

新潟県看護協会は平成22年度から日本看護協会と協働し、看護職が働き続けられる労働条件・労働環境改善事業として「看護職のワーク・ライフ・バランス(WLB)推進ワークショップ」を開催しております。これまで15施設の参加があり、平成29年度は継続の3施設対象のワークショップを実施いたします。
平成29年度からは新たに厚生労働省及び日本看護協会の方針どおり、「新潟県医療勤務環境改善支援センター」を活用して看護職のみならず医療の場に働く人々全体の勤務環境改善に寄与していく予定です。
今後は中小病院の管理及び中堅看護師等含むグループワーク等の研修会も実施していく予定です。

2.ワーク・ライフ・バランスに関わる研修のお知らせ

ワーク・ライフ・バランス教育研修一覧も参照ください。

過去のワーク・ライフ・バランス情報

過去のワーク・ライフ・バランス情報は、以下をクリックすると表示されます。

平成30年度 ワーク・ライフ・バランス情報

平成30年度 「カンゴサウルス賞」授与式が行われました

5月23日 第6回 看護職のWLB推進「カンゴサウルス賞」授与式が実施されました。全国で79の施設が受賞されました。

新潟県は、佐渡市立両津病院、済生会新潟第二病院、新潟臨港病院の3施設です。この賞は3年間の取組み成果をあげた病院が頂ける賞です。病院や看護部が力を合わせて取り組んだことで、病院のホームページが変わり、職員の意識が変化し、いつの間にか成果となっていました。

私たち「労働環境改善推進委員会」の委員も共に喜びあいました。

平成30年度のカンゴサウルス賞受賞病院は、3施設です。

  • 佐渡市立両津病院
  • 済生会新潟第二病院
  • 新潟臨港病院

平成29年度 ワーク・ライフ・バランス情報

平成29年7月 「多様な勤務形態を効果的に運用する看護管理」開催
平成29年8月 「看護職のWLB推進ワークショップ」開催
看護職のワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ」報告(589KB)
平成29年11月 「WLB推進研修情報交換会」開催
平成30年2月 「看護職のWLB推進ワークショップ」開催

平成27年度 ワーク・ライフ・バランス情報

平成28年3月 「看護職のWLB推進ワークショップ」参加施設を募集しています。
※募集期間:3月1日~3月31日
詳細はこちら(39KB)をご覧下さい。
平成28年3月 「看護職のWLB推進フォローアップワークショップ」を開催しました。
講師の田林氏より全体のレベルが高いと各病院の取り組みを評価頂きました。内容はこちら(77KB)をご覧下さい。
平成27年8月 平成27年度 看護職のWLB推進ワークショップレポート(246KB)
平成27年5月 平成27年度 看護職のWLB推進ワークショップ参加施設のお知らせ(89KB)
平成27年4月 平成27年度看護職のWLBワークショップ計画(31KB)
平成27年3月 看護職のWLB推進ワークショップ参加施設募集(80KB)